自作集

自作集

魚遊の自作集       2012 11/吉

下記内容は 先人の創意と工夫を実践しているだけの内容です。

お間違えないように m(__)m

【穂先ライト】 超高輝度LEDで電池寿命up版

 

まずは 材料調達                   

                           48nage2

 ● 超高輝度3㎜ 赤色・黄色LED 30° 輝度:20000mcd (220円/10個)

   参)100均のLEDはおそらく輝度:500mcd  .....40倍sign02

 ● カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗)1/6w 3kΩ (100円/100本) 

 ● チップ積層セラミックコンデンサは LEDが破損する場合に使用

 ● 本体(アルミパイプ)と浮きゴムは前回の残りを使用

Ledco01

試作開始

①LED  -側を5ミリにカットして 抵抗3KΩを丸めて半田付け

Photo 

②浮ぎゴムを被せて 足調整

301

 

③点灯テスト

  暗闇(夜釣想定)にて     結構明るい (^_-)-☆  

4001

402 

④本体仕様

 アルミパイプ径5ミリを長さ25ミリに切断内径4.1ミリに仕上げ挿入

と 電池差込口に防水処理 (収縮チューブ入れて処理しただけですが...)

電池を抜くと スポッーンと音が響きます (^_^.) 

目指せ IP-68  現状は IP-54くらいになるかナー

あとは 色テープで LEDの識別

705

拡散キヤップを追加バージョン....."(-""-)"

詳細:φ5アルミ×L25ミリ+LED5ミリ+防水5ミリ=φ5×全長35ミリ

変な計算ですが 詳しく書くと こうなります

Ver_up01_2

電池別に並べてみると サイズに15ミリほど 差が出ます 

LED赤がBR425  LED黄色がBR435

また、魚遊の場合はコスリ竿にも取り付けるので 軽薄短小が求められ

穂先サイズ0.6ミリにつけて 穂先のタレ(曲がり)が極力少なく! 

と・言うことで 実測                                           44hechi2

まずは黄色から (^◇^)   0.8g

Photo_5

赤色 (^◇^) 0.8gと同じです (^^♪

Photo_6

再確認 4本実測 3.2g 

405  1本に付 0.8g 確定

次に電池と付けた場合 bleah

Br425

BR425 と穂先ライト 1.3g

Br435  BR435 と穂先ライト 1.6g

  

Ver_up02

  

.

.

.

.

.

【wフック自作】 半田で小細工happy02

Photo  

 ついでに

Photo_2Photo_3

wフックの 縦・横穴付scissors 少しずつですが進化~(^◇^)

Photo_5

 利点: 好きな鈎で 好きな開き角度........今回は90度

  鈎は使用頻度のすくない 狐鈎 11号で作成

.

.

.

.

.

.【ボトムシンカーin メイタ】 eye  実制作費 20円/個

夜が長いので 【自作】 遠投ボトム(底)シンカー 0_8

121216_05

作り方

・1号~2号(3.7g~7g強)程度の錘 → 遠投するなら重く

・硬質ステンレス棒(0.6 ~0.8㍉)→カン付鈎がフレキシブルに動く太さ&伸びにくい強さ

・環付きチヌ鈎(5~6号)→チヌ鈎が安くてgood

・ゴム管 →極細=ラバー止め ・ 小穴=鈎の位置固定

・ファインラバー →チヌの好む甲殻類に似せる

『作成ポイント』

★チヌ狙いなので鈎が upwardright上向きscissors 

★鈎交換が簡単なこと (ハリ先命)

★根掛りする場所を攻めるので 安価な事(必須) 

  実現状は中古店で集めれば 20円/個 程度で作成可能

Sikake_121217_07

中通錘に斜め穴→ 硬質sus線  → 2液エポキシで穴埋 


Sikake_121217_04Sikake_121217_02Photo_2

後は 自由に細工(ラバ-・ゴム管・鈎 ) ”鈎の位置に注目” (^_^;)

Sikake_121217_0132_3

これで 1匹釣りたい~

.

.

.

.

【秋の苅田波止場の風物詩  0_3 仕掛け編】

まず コマセカゴ仕様です 全長は好みで(80㌢~100㌢)0

Photo

一番のポイントは カゴが半誘導式です。 ま~当然ですね

20121018_01

釣り方は投入したら ゆっくり引きずり サヨリの反応を見ます

こうする事で 竿先へ ダイレクトに魚のアタリが伝わってきますヨhappy02

ま~~ 投入後 30秒が勝負happy02 .......忙しいrun 釣りです 

★硬質パイプφ2㍉を使用してゴム管2個でロック 幹糸は2.5号カーボンハリス

移動式のストッパーでカゴの移動を制限しています

★アタリ浮きは2連仕様

20121018_01_220121018_00

★サヨリの居食いを明確に浮きに伝える仕様です

橙色の●浮きは鈎ハリスの位置認識用で サイズは φ20㍉位

白いアタリ(φ5㍉ ×L40㍉)浮きが小刻みに揺れて魚の喰いを伝えます

★位置関係は魚の状況しだいで変化させます

◎参考 例1: 魚のタナが少し深く喰いが渋い時(風が吹くと この状態)

ア.ウキどうしの間隔を大きめにとります(15㌢程)

   理由:認識浮き(●ウキ)の抵抗を サヨリに伝えない様にする

イ. 自動ハリス止めは 錘の役目も していますのでアタリ浮きとの

  間隔を魚の深さに合わせます

   注:魚体より 深くしないこと(魚の目線上に合わせると)good 

ウ. ハリスは0.6号or0.8号 カーボンハリスを30㌢程 鈎は金袖4号(赤もgood

★仕掛け収納

20121018_00_2

.

.

.

.

.

.

.

【穂先ライト】 eye  制作金額 28円/個 

能書:bell 市販品は400円~1000円  高額annoy

さっそくネット検索: 発見 大阪の 貝塚アングラーズ さん参考実践

 monoまね行動→百均→ホームセンターと材料集め 総額442円

Photo

100均で 赤色・緑色・黄色と3色発見

その中の2色購入 LED8個×2式=16個 (点滅タイプ)

アルミパイプは1M=207円 で30個以上 制作可能 

浮きゴム 1本(30㌢) =25円 で30個分

Photo_234

    ①皮むき       ②LED絶縁物外し     サイズ参考   

5661

   ③材料準備      ④極性(+ー) 確認      点灯テスト

 (パイプ25ミリ)(ゴム8ミリ)   

78_39_2

⑤パイプ内径調整       ⑥押し込み      ⑦ 点灯確認(接着)

  (φ4.1)                        (エキシポ樹脂接着) 

10_4

成功 flair 明るさ 比較 と  耐久時間 実験中~ 

赤色は 明るいだけに電池消耗.....不安~~ ?  

11_2

後は実釣り あるのみsign03dash

.

.

.

【ストリンガー】 eye 下アゴ用(メイタ・セイゴ) 

Photo_5Photo_63      材料 φ1.4      専用ジグ            制作

4_26_2

          完成                    一式

この小型タイプ ストリンガーを 常時3式  持ち歩き......  44hechi2

合計 20匹弱 まで  活保存可    

歩き廻る釣人には 必備品ですネ 

.

.

.

.

.

.

.

.

【消耗品 アシストフック】

好きな鈎でアシストフックを作りたい

              この思考により 自作決定 happy02

Photo

 装着はトレブルフックに通し ヒネってsign05 確実固定 bleah

       アシストフックのズレ・グラツキ(糸がらみ防止)解消sign03

材料

Photo_2

①ゴム管に針金を3~5回巻     ②鈎に収縮チューブを通しておく

1 2

③ 鈎を針金に絡ませる           ④鈎にしっかり巻き込む

3 4

⑤ 鈎を起こす             ⑥ セキ糸を巻く(瞬接で固定可)

5 Photo_3

⑦  チューブを被せ熱圧縮          ⑧鈎先を少し開く

81 2_2

以上で完成です

10

 針金のネジリ寸法①で鈎間隔が決まります(製作者の好みgood) 

注意:固定(巻)し過ぎると SUS針金が 折れ外れます  

11_2 13

.

.

.

ヒイカ 仕掛け 】 制作金額: 計算中/個

Photo_3

準備物

   Photo_5

製作順 

   ①        ②       ③

1 23

     ④        ⑤        ⑥

31 4_35

⑦ 完成     

6

..

【ハードジグ&アシストフック】  制作金額: 計算中/個

Dsc02373

Jig827 Photo_2

参考ブログ: 

▽ フック編 : 『パパの趣味の部屋』 (管理人  yoppiさん )より

     http://www.emanary.net/contents4.html

▽ ハードジグ編: 『ハンドメイドジグ』 (管理人 kuriyan's さん)

     http://www.hi-ho.ne.jp/kmka1645/handmaidjig.html

.

.

.

【神経〆 】   


�カシュー

.


≪材料≫ �自転車のスポーク �その辺の自生竹(細い根付) �みしん糸・ひも �コーティング液(2液タイプ